スマイルゼミの中学準備講座は役に立つ?

スマイルゼミの中学準備講座が役に立つのか塾長目線で検証

小学校6年生を対象にしているスマイルゼミの中学準備講座役に立つのかを塾長目線でチェックしてみました。

 

「中学1年の壁」といった言葉を聞くと中学受験をしていない人でも中学入学前に何かやっておかなければいけないのではと不安になりますよね。

 

スマイルゼミの中学準備講座が、その「何か」に役立つのか調べてみました。

 

算数が苦手な子には役立つ

中学準備講座のウリのひとつが、算数での「オーダーメイド型のさかのぼり学習機能」です。

 

これは実力判定テストの結果からひとりひとりの苦手分野をスマイルゼミが判定して、そのニガテにあわせたカリキュラムを作ってくれるというものです。

 

算数の中には計算問題や図形の問題、文章題などさまざまな単元があります。
このため、算数がニガテといっても中身はひとりひとり違います。

 

そこで苦手にあわせて何を勉強すればイイのか、どのまで(何年生まで)さかのぼって復習すればいいのかをスマイルゼミが提示してくれるというわけです。

 

自分が苦手なものというのは冷静に判断できないものです。必要以上にさかのぼってしまったり、また復習が不十分だったりして、「勉強しても伸びない」状態に陥りやすいものです。

 

中学に入ると算数が数学になります。
教科名が変わる唯一の科目でもあり、このタイミングでつまずいてしまう人も少なくありません。

 

そうならないために算数の範囲で苦手をなくしておく
こうした目的で使うのにスマイルゼミの中学準備講座は役立つと言えます。

 

英語はスマイルゼミでなくても…

中学に入ってもうひとつ小学校と大きく変わるのは英語です。小学校では外国語活動(英語)だったものが、正式な教科として加わることになります。勉強っぽくなってくるというわけです。

 

こちらも中学で苦手になってしまう人がいる科目ですよね。
ただ、英語は進路のことを考えると、文系でも理系でも必要です。

 

そのために「スマイルゼミの中学準備講座で…」と考えるかもしれませんが、英語に関してはあまり期待できないというのが正直な評価です。

 

別に悪いコンテンツではないのですが、算数にある「オーダーメイド型のさかのぼり学習機能」といったようなスマイルゼミ中学講座でないと出来ないというものではありません。

 

英語の学習ツールは幼児向けから大人向けまでさまざまなものが出ています。
スマホのアプリなどでもカンタンに試せるものがありますよね。

 

そうした状況で、あえてスマイルゼミにこだわる必要はないというのが正直な感想です。

 

3ヶ月お試しの価値はアリ

以上のように、英語はイマイチですが、算数に関してはオススメできます。「中学入学前に何かやっておかなければ」と考えているのであれば、試してみる価値はあると思います。

 

中学校は小学校よりも授業のスピードが速くなります。勉強は学校生活に慣れてからなんて思っていると、学校生活に慣れる前に授業についていけなくなる可能性があります。

 

入学前に家で勉強する習慣をつけるという目的でも、スマイルゼミ中学準備講座を使ってみることをオススメします。

 

中学準備講座の詳細はコチラから

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!